旧細川刑部邸(熊本県)

旧細川刑部邸(きゅうほそかわぎょうぶてい)は、熊本県熊本市の熊本城三の丸跡にある武家屋敷である。なお、細川刑部家(子飼細川とも言う)は細川内膳家(砂取細川)と並ぶ細川藩の一門家臣家(いずれも江戸期は長岡姓)であった。

この刑部屋敷は熊本藩主となった細川忠利の弟細川興孝が刑部家をおこしたのち、現在の熊本市東子飼町に立てられた屋敷で、1993年(平成5年)に現在地に移築された。熊本県指定有形文化財となっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です