具志川城 (沖縄県)

具志川城は、沖縄本島最南端の糸満市字喜屋武の海岸断崖に立地する三方を海に囲まれるグスク。城跡は二つの郭で仕切られており、断崖の付け根のところに城門があり、そこから一段下がって二の丸さらに一段下がって本丸が海に突き出ている。石垣は珊瑚礁石灰岩の野面積みであるが、門の部分には、切石を用いた痕跡が残っている。城の規模は、長さが東西82~3メートル、南北の巾は二の丸で33メートル、本丸で16~7メートルある。二の丸には「スーフチミー(潮吹き穴)」と呼ばれる自然穴があり海に通じている。

久米島の伝説によれば、この城は久米島の具志川城主 真金声(まかねくい)按司が伊敷索(いしきなわ)按司の二男真仁古樽(まにくたる)按司に攻められて落城し、島を脱出して本島に逃れ、故郷と同じ名の具志川城を築いたといわれる。その真偽は不明であるが双方の立地や規模、構造は良く似ている。

発掘調査では13世紀中頃から15世紀中頃までの中国製陶磁器が出土している。本城跡はその特異な形状から1959年(昭和34年)12月16日琉球政府文化財保護委員会によって史跡指定を受け、1972年(昭和47年)5月15日の沖縄の日本復帰に伴って同日付けで国指定記念物(史跡)となった。 糸満市教育委員会では、国(文化庁)と県(教育庁)の補助を得て、2000年(平成12年)度から2012年(平成24年)度までの13年計画で本城跡の保存修理事業を実施している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です