千里浜なぎさドライブウェイ(ちりはまなぎさドライブウェイ)

千里浜なぎさドライブウェイ(ちりはまなぎさドライブウェイ)は、石川県羽咋郡宝達志水町今浜から同県羽咋市千里浜町に至る延長約8kmの観光道路である。日本で唯一、一般の自動車やバスでも、砂浜の波打ち際を走ることができる道路として、広く知られている。このため、映画やCFなどの撮影にも使われる。アクセスは、能登有料道路の千里浜ICや、今浜ICが便利。通行料は無料。

一般の自動車が走行しても問題がないのは、この海岸の砂が特別細かく、砂浜が締まっているため、普通の砂浜のように、自動車の自重で沈むことがないからだとされている。ただし、路肩に相当する道路の端部などは砂浜が締まっておらず、まれにスタックしてしまうので、できるだけ車のわだちに沿って走るのが安全である。なお、走行時には濃い塩分を含んだ潮風や海水を浴びるため、早めに洗車を行うなど、走行後の車のメンテナンスには注意が必要である。近年は、他の砂浜同様に、周辺の河川の護岸などにより堆積する土砂の量が減少して、砂浜の侵食が深刻な問題となっており、2006年7月13日放送のNHK「クローズアップ現代」でも取り上げられた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です