昆陽池公園(兵庫県)

731年(天平3年)、行基の指導により農業用のため池として昆陽池が作られた。1968年(昭和43年)に伊丹市が公園化。後の工事で、さらに拡張し今の形になった。白鳥が自然放養されているほか、冬には3000羽を越えるカモやカモメなど渡り鳥の飛来する関西屈指の野鳥の楽園として知られている。池の中ほどに日本列島を模した人工島があり、大阪空港を離陸した直後の飛行機の窓からその形を間近に望むことができる。近年、池の周囲に植林されている樹木に営巣する鳥による糞害が問題となり、無料で傘の貸し出しを行っている。同公園内には伊丹市昆虫館もある。

オナガガモ オス2羽・メス1羽
白鳥
野鳥観察橋から北側の野鳥の島を臨む
オナガガモ(メス)
ユリカモメ
昆虫館脇 ここらへんは野山の鳥が沢山います

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です