大阪港(大阪府)

大阪港(おおさかこう)は、大阪府大阪市にある港湾。日本の主要な国際貿易港(五大港)のひとつで、スーパー中枢港湾の指定を神戸港と共に受けている。
1868年の大阪市開市とともに開港。主に、港区、大正区、此花区、住之江区に位置しており、一部西区を含む。明治以降、国営の国際貿易港として建設された神戸港とは対照的に、大阪市自身が建設・運営に関わった都市港湾の伝統を有する。
日本最大のフェリーターミナルを擁する国際・国内航路の拠点港で、外航クルーズ客船が多数寄航する。阪神・淡路大震災の神戸港被災を契機に近畿圏の国際コンテナ拠点としての比重も高まり、2006年現在、外貿コンテナ取扱個数は191万TEUで国内第5位(2006年速報値)。震災後、国内首位から4位に後退した神戸港(198万TEU)とほぼ肩を並べるまでに成長した。
港則法・関税法上は神戸港・尼崎西宮芦屋港とあわせて阪神港と称されている。

大阪南港ATC
かもめフェリーターミナル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です